夏が終わる

硬直した蝉の死骸がアスファルトに転がっていた

夏の間中鳴き続けた蝉たちは
白い腹を見せて死んでいる

夕方
まだ名残のように鳴いている蝉の声が聞こえてきて
私は蝉に
生と死を見せつけられる

[PR]
# by rainingp | 2017-08-17 17:46

緩やかな引きこもり

今は辞めてしまった仕事の夢を見た
当時は辛いことも多かったけれど
夢では楽しかった

仕事も趣味も事情があって手離してしまった

今、私は何者なのだろう
どこにも繋がらず
頼りにされることもなく
期待されることも
評価されることもなく

社会から切り離された
生ける屍

[PR]
# by rainingp | 2017-08-12 07:07

嘘から出たまこと

期待を裏切ることが怖くて
自分を小さくみせてきた

なんだ大したことないじゃないかと思われるより
思っていたよりましじゃないかと思われた方が楽な気がしていた

だけど気がついたら
私は本当に虫けらみたいに小さな人間になってしまっていて
蘇生不可能

[PR]
# by rainingp | 2017-08-09 16:03

あるがままに生きる

八月
今朝も蝉が鳴いている

羽化できなかったあの幼虫は
無念だなんて言っていなかったはずだ

土中で腐ってしまっても
羽化し損ねても
子供に捕獲されても
猫に食べられても
地上で最後の七日間の命を全うしても

その生を死を受け容れる
何も考えないで
あるがままに…

[PR]
# by rainingp | 2017-08-02 08:21

あなたは何も悪くない
何もしないことで私を追いつめている

ああ
もうここから飛び降りてしまいたい…

だけど
君の真っ黒でまっすぐな瞳が
私をここに繋ぎとめる

[PR]
# by rainingp | 2017-07-28 16:12